フロアマット選びのポイント①

   

当ブログをご覧になって頂きありがとうございます。

先日納品させて頂いた30プリウスのK様。乗り心地はいかがでしょうか??

2014-09-10-15.24.08_R

また、30プリウス前期で「舞桜」を御注文頂いた岐阜県のN様。納品までしばらくお待ちください。

 

さて、前回は三点のフロアマットの重要性をご紹介させて頂きましたが、本日は

 

「フロアマットの上手な選び方」についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

まず第一に「価格」

これは消費者の方達からすれば最も気になるところですよね。

 

価格の大まかな分け方は、「純正品」「社外品」「汎用品」となるのですが

 

純正品は知っての通り新車購入時にオプション品としてディーラーから購入する正規のフロアマットです。

こちらは確かに質もよく、メーカーのロゴも入っているのでパッと見て印象はとても良いです。

しかし、中には値の張るものも多く、大型車や高級乗用車は車体価格に応じてフロアマット自体もとても高価なものが多いです。(中には10万を超えるものも、、、)

 

 

 

続いて「汎用品」ですが、こちらはいわゆる「オートバックス」や「ドンキホーテ」等で販売されているものです。

とても安価で、最近は耐久力が強い商品も増えてきています。

しかし、ほとんどが専用品ではなくサイズが合わないものやバリエーションが少ないなどの難点があります。

お客様の中には雨天時のみマットを付け替えるために購入している方などもいらっしゃいますね。(素晴らしい心がけです笑)

 

 

 

最後に「社外品」ですが、こちらは我々の様な一般メーカーが販売しているフロアマットです。

純正品より価格は安く、最近は国産品にこだわった質の良いメーカーが年々増えております。(もちろんALESTもその内の一つです)

しかし、メーカーによって値段のバラつきや、デザインが酷似しているものなどがあり、購入するとき迷ってしまいがちです。

値段の相場ですが軽自動車10,000円前後、普通車15,000~20,000円、ワゴン車25,000~30,000円以上という所でしょうか、、、

逆にかなり安価で販売しているメーカーは海外製作が多く品質としては難点がありますのでご注意を。

 

 

 

決して安いお買い物ではありませんので、様々なメーカーを見て当社を選んで頂けると幸いですね。

 

メーカー別比較表

hikakuhyou

 

 

 

長くなってしまいそうなので続きは次回ご紹介させて頂きます笑

 

次回は車種に応じたデザイン・車体に合わせたカラーリングについてお知らせいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

●ALESTの公式twitter アカウントを作成致しました。またFace  bookも随時更新してまいりますので双方とも宜しくお願いします。

ダウンロード (1)       ダウンロード (2)

 

 - トピックス, 未分類